【事前のお知らせ】

 

SIエージェンシー鳥取支店は、2017年12月より、鳥取県八頭郡八頭町「隼Lab.」へ移転します。
(当初11月下旬でしたが、12月からとなりました。)

 

移転先は、2017年に廃校となった「八頭町立ハヤブサ小学校」を改装し、コミュニティゾーンとワーキングゾーンへ。私たちはこの中の3階のオフィスにて気分新たに業務を開始します。

隼Lab. では、

使われなくなった校庭は芝生化し、子供たちが走り回り、お母さんたちはヨガ教室。
休日には新鮮野菜や手作り雑貨が並ぶマルシェ。
1階ではおいしいコーヒーや地域食材が楽しめる、こだわりカフェ
誰でも自由に使えるコミュニティスペースやプログラミングや英会話が学べるキッズスクール。

2階3階は、co-ba hayabusaとして新しいチャレンジや新たな事業を生み出す起業家、多種多様な企業などが集まるコワーキングスペース・シェアオフィスに。
※ コワーキングスペース・シェアオフィスはco-ba hayabusaとして運営します。

隼小学校は、地域や企業、行政が一体となり地域課題の解決や新たな産業・雇用を創出する場になります。

そして、日本一人口の少ない田舎から
日本の未来のモデルになる田舎をつくります。

(以上 http://hayabusa-lab.com より。2017年9月20日現在)

 

このような試みが行われます。

 

新たに隼Lab.にて事業を開始することにより、近隣の皆様また隼Lab.に集まる他社とのコミュニケーション、パブリシティ、地方で…私達の場合IT企業が…いかに産業・雇用を創出・継続していくことが出来るかを、今までにはできなかった、次の次元で考えて行動できる起点になると考えています。

私たちは、既に鳥取県鳥取市の鮮魚市場「かろいち」様との協業も行っております。ITを使って地方を元気にする!という目標のもと、隼Lab.で縁を得、知り合うであろうたくさんの他業種の方、同業種の方、また一緒にシステム開発を行ってくれる仲間を探しだし、地元の皆様と新たなる価値を見つけて参りたいと思っています。

最後になりますが、弊社代表木原のルーツが八頭町にあるとのことです。これも何かの縁でしょうか。

八頭町の皆様、私達「株式会社SIエージェンシー」が伺います。何卒、よろしくお願いいたします。

関連するリンク

隼Lab. についての公式サイトはこちら http://hayabusa-lab.com

朝日新聞デジタル:閉校の隼小、地方創生の拠点施設に

隼Lab.内にシェアードワークプレイス「co-ba hayabusa」がオープン