報道関係者各位
2017年01月17日
株式会社SIエージェンシー

プレスリリース

株式会社SIエージェンシー(本社 東京都港区・代表 木原真)は鳥取県米子市にある「国立米子工業高等専門学校」にて「iOSアプリケーション開発入門」を2017年8月26日~27日の2日間で開催しました。 今回はこれまで開催してきた「iOSアプリケーション開発」と、昨今注目の高まっている「Unity開発」の2つの技術についての講習会を行いました。

講義の様子(2日目)

■開催報告

1日目は公開講座として高専生・一般・中学生を対象に、2日目は本講座の主催である「米子工業高等専門学校」の生徒を対象とし、当社、現役エンジニア2名が講師として、以下の内容で講習を行いました。
1)iOSアプリ(※1)開発を行うために必要な開発環境である「Xcode(※2)」と「Swift(※3)」の基本的な使い方
2)Unity(※4)の基礎的な使い方を学び、簡単なゲーム画面や自由課題
iOSアプリケーション開発に加え、主にゲーム開発の際に多く利用されているUnityの講習会も実施しました。

※1:「iOS(アイオーエス)」アップルが開発・提供するオペレーティングシステム。同社の端末iPhoneシリーズ、iPodシリーズ、iPadシリーズに搭載されている。

※2:「Xcode(エックスコード)」mac OS・iOS用アプリを開発するための、アップルの統合開発環境。

※3:「Swift(スイフト)」iOSおよびmac OS、Linuxで利用できるプログラミング言語。

※4:「Unity(ユニティ)」ユニティ・テクノロジーズが開発した、統合開発環境を内蔵した複数プラットフォームに対応するゲームエンジン。

 

■開催の背景
スマートフォンの保有増加に伴い、利用されるアプリケーション開発案件も増加傾向にあり、当社にも日々数多くの開発案件のご相談がきます。しかし、アプリ開発者は依然として不足しており、体制を強化するための新規採用も厳しい状況が続いております。
そうした状況の中、当社でも将来の業界を担えるような人材育成が急務であると考えていました。
業界の人材育成役に立つことはできないかと、考えていた折、2011年に米子工業高等専門学校にて講習会を開催する機会に恵まれました。
それ以来、定期的に新技術に興味がある学生を中心に、iPhoneアプリ・iPadアプリ開発講座を開催してまいりました。前回の講習より、iPhoneアプリ開発に加え、Android向けアプリケーションの開発方法や、今回実施したUnityでの開発についても講義を行い、さらに最新かつ幅広い技術について初めて触れる機会を受講生に提供。
当社では、今後も学生、若手エンジニア、または一般社会人向けの講習会の開催、開催のご支援をおこなっていく予定です。 

■今回の開催概要
講習名:「iOSアプリケーション開発入門」
日時:平成29年8月26日(土)9時~17時
平成29年8月27日(日)9時~17時
場所:国立米子工業高等専門学校
対象:国立米子工業高等専門学校 学生および一般社会人、中高生
内容:アプリケーション開発の初心者向け講習